アインラーゲンによる靴の調整が必要

中足骨頭部痛もまた、足によくない間違った靴によって起きるわけですから、自分の足に合った靴をはかない限り治すのは困難です。

 

とくにハイヒールは中足骨頭部に大きな圧力を生じさせるので厳禁です。アインラーゲンで靴の調整ができる専門店で、自分の足に合った靴を選んでください。そうした靴をはいていると、足のアーチが保たれているので、足の痛みも起こりにくなります。同時に、こうした靴をはいていると、中足骨頭部痛が改善されるだけでなく、開張足から起こる足のさまざまなトラブルを防ぐこともできます。

 

はだしのときでも痛みを感じる場合は、アインラーゲンを取り外して調整することができるサンダルがありますので、これを室内履きに利用するとよいでしょう。これも靴の専門店で選んでください。なお、休重の増加が痛みの原因と考えられる場合には、当たり前のことですが、体重をへらす必要があります。食事に気をつけ、適度な運動を心がけましょう。

 

普通に立っているときの休重はかとに大きな割合がかっていますが、ハイヒールをはくと、前方に体重が移動して中足骨頭部にかなりの重さがかるようになってしまいます。しかも、先の細いハイヒールは、親指のつけ根から小指のつけ根の甲にカーブを描くようにあるかいちょうそく横のアーチも低下させ、開張足を引き起こします。

 

そうすると、本来あまり体重がからない親指と小指以外の指の中足骨頭部にまで体重がかり、痛みを感じるようになるのです。

 

また、足の病気にすべてに共通することですが、体重がふえて足にかかる負担が増すと、それだけ中足骨骨頭部痛が起こりやすくなります。同様な症状を起こしてくる病気には、中足骨頭部痛のほか、とくに第3指、第4指間の中足骨骨頭の間の神経がつぶされて痛むモートン病があります。この場合も原因は同様です。

 

なお、足の親指が小指側に曲がる外反母趾もハイヒールが大きな原因になりますから、ハイヒールをはいている人では外反母趾と合わせて、こうした症状が出てくることもよくあります。